頑固な汚れはハウスクリーニングでピカピカにしてもらおう

作業員

換気扇の汚れによる問題

キッチン

ほとんどの家のキッチンには換気扇が付いているかと思います。換気扇に付着している油やホコリなどの汚れはなかなか落ちません。かと言って、その汚れを放っておくと後々大変なことになってしまうのです。料理をする時に、揚げ物をしたり炒め物をしたりすると油が跳ねます。油は一度蒸発し、油を含んだ空気ごと換気扇が排出します。しかし、汚れが詰まっていると上手く換気することができないので、油を含んだ空気は部屋の天井や壁を汚してしまうのです。また、アレルギーの原因になるダニやカビを発生させてしまう可能性もあります。汚れがひどいと換気が上手くいかないため、湿気が部屋に溜まっていってしまいます。湿気は部屋の隅や家具の隙間に溜まっていき、気づいたら黒ずんでいるということがあります。ダニやカビはハウスダストアレルギーの原因になるので、そのまま放置しておくと自分や家族の健康にまで悪影響を及ぼしてしまうのです。換気扇の汚れは他にも、故障の原因になることがあります。最近換気扇の音がうるさく感じるという人はもしかすると汚れが原因でモーターに負荷がかかっているのかもしれません。換気扇が故障してしまうと修理に出すか新しく購入しなければならないのでお金がかかります。そうならないためも日頃から汚れを溜めないように掃除をしておくといいでしょう。すでに汚れが溜まっていて、自分で掃除するのが難しいということであれば、業者に依頼してプロに掃除をしてもらうと良いかもしれません。こまめに掃除をして、換気扇が長持ちするようにしておきましょう。